手数料だけでビットコイン取引所を選択するのはリスクが高くなる

ビットコインをはじめとして、様々な仮想通貨を購入するには取引所を利用する必要があって、登録してアカウントを作ることで売買をできるようになります。
しかし銀行と同様に取引所でも、送金手数料・入金手数料・出金手数料・売買手数料など、取引することにより様々な手数料がかかってきます。
特に少額で取引をしている人にとっては、その都度手数料を取られるのは負担になりますし、場合によっては儲けより手数料が大きくて損をするということもあります。

その為、手数料がどのくらいかかるのかを確認して、取引所の取引手数料を比較してから取引所を選択したり、使い分けたりする必要も出てくるのです。
このように取引手数料を比較することが、ビットコイン取引所を選ぶ重要なポイントにもなるのです。

では、主なビットコイン取引所の取引手数料はどの程度なのかというと、ビットフライヤーは0.15〜0.01%で、ザイフは-0.05〜-0.01%ですし、ビットトレードは0.2%です。
一方、コインチェック・コインエクスチェンジ・ビットポイント・GMOコイン・フィスコは0%となっています。
こうして見ると取引手数料が0%の取引所が非常に多いですし、ビットフライヤーやビットトレードのように僅かな手数料が発生する取引所も存在しているのです。
さらに注目すべきはザイフの取引手数料で、マイナスとなっていて取引をするたびに僅かではありますが、利益を得ることができるようになっているのです。

単純に考えると取引手数料が安いに越したことはありませんし、無料で取引が可能になるのなら無料の方が良いのは当たり前です。
さらにザイフのようにマイナスであればなおさら良いことですが、手数料が安いから優れた取引所で利用しやすいと言うわけではないのです。

基本的に多くの取引所は手数料を収入源にして運営しているので、それが0%であると言うことは取引所として収入が少なくなってしまいます。
逆に手数料が発生する取引所は、ユーザーが取引することで収入が得られることになるので潤沢な資金で運営しやすくなります。
つまり、取引手数料は取引所の資金力に直結するもので、資金力が高ければセキュリティ対策などに力を入れやすくなるので安心度を向上させやすいのです。

このように、手数料が無料であることはユーザーにとってありがたいことですが、ただそれだけを比較して取引所を選択するのはリスクが高い行為と言えます。
手数料だけではなくてセキュリティや補償など、様々なことを含めて熟考する必要があるです。