ビットコイン取引所をセキュリティで選ぶ

ビットコイン取引所を選ぶ際に基準としては、売買できる取引所のセキュリティ・資産管理・安全面はどうしても気になります。
また、もしも不正で被害を被った場合に対しては補償があるのか、盗難の被害に遭った時の補償はなども気になりますし、これらは選ぶ際の基準としてとても重要なポイントになります。

では、ビットコイン取引所で用いられている一般的なセキュリティには、どのようなものがあるのかというと、まず顧客資産の分別管理というのがあります。
これは取引所企業と顧客の資産をそれぞれ分別管理することで、仮想通貨法施行ですべての取引所に義務付けられているものです。

二段階(二要素)以上の認証を設定する二段階認証は、一般的なセキュリティ対策としてすべての取引所が導入しているものです。
この二段階認証は、パスワードの入力以外に携帯電話のSMSに届いたトークンの入力が必要になるSMS認証・メール認証というのがありまです。
このようにトークンの入力が必要となるため、不正ログインのリスクを大幅に減らすことができるので、取引所を利用する時には必ず設定することをおすすめします。
しかし、いくら二段階認証を設定していても破られる可能性はゼロではないので、過信しないで盗まれる可能性があることを考慮しておく必要はあります。

ビットコインの保管で基礎的な方法ですべての取引所が導入しているセキュリティとしてコールドウォレットというのもあります。
これは、ネットワークから切り離されたオフラインの状態で、安全に仮想通貨を保管できるウォレット(お財布)のことです。
ただし人の手で送金手続きを行わなければならないため利便性が損なわれるので、自動出金用のホットウォレットが併用されている場合もあるので注意が必要です。
一つのアドレスに対して複数の秘密鍵が割り当てられているウォレットのマルチシグネチャウォレットも、セキュリティ対策のひとつになります。
通常のウォレットよりもセキュリティが高くなることから、日本の取引所においても多くの取引所が導入しています。

次に、取引所でどのような補償をしているのかというと、bitFlyerは最大500万円までの不正出金被害の補償を用意しています。
セキュリティ面や安心感で取引所を選択するのなら、bitFlyerは候補に入れておきたい取引所です。
GMOコインは、ハッキング対策としてコールドストレージで、内部不正対策としてマルチシグネチャで防止体制を設けています。
また本人確認の徹底もしていていますし、三井住友海上火災保険株式会社との連携も実施しています。