ビットコインなど取引所で取り扱う仮想通貨の種類

現在、ビットコインをはじめとして様々な種類の仮想通貨を取り扱っている取引所は、国内だけでも数十社存在します。
その中でも積極的に活動していたり、独自の特徴を持っていたりする取引所としては、bitFlyer・GMOコイン・Zaif・DMM Bitcoinなどがあります。
その為、逆にどこの取引所を利用したら良いのか判断に迷うこともありますが、取扱っている仮想通貨の種類で取引所を選択するのもひとつの方法です。
取引所の一覧を見ると取引できる仮想通貨の種類が分かるので、利用したい仮想通貨の種類から逆に取引所をチェックすると良いです。
“ビットコインなど取引所で取り扱う仮想通貨の種類” の続きを読む

ビットコイン取引所を選択する際の基準になる使いやすさ

ビットコイン取引所を比較するポイントとしては、運営会社の信頼性・入出金手数料と売買手数料の違い・レバレッジの違い・取扱通貨数などがあります。
また取引所の使いやすさというのも、ビットコイン取引所を選択する基準のひとつになります。
取引所の使いやすさの考え方にもいろいろとあるでしょうが、まずチェックしたいポイントは取引画面やトレードビューの見やすさというのがあります。
“ビットコイン取引所を選択する際の基準になる使いやすさ” の続きを読む

手数料だけでビットコイン取引所を選択するのはリスクが高くなる

ビットコインをはじめとして、様々な仮想通貨を購入するには取引所を利用する必要があって、登録してアカウントを作ることで売買をできるようになります。
しかし銀行と同様に取引所でも、送金手数料・入金手数料・出金手数料・売買手数料など、取引することにより様々な手数料がかかってきます。
特に少額で取引をしている人にとっては、その都度手数料を取られるのは負担になりますし、場合によっては儲けより手数料が大きくて損をするということもあります。
“手数料だけでビットコイン取引所を選択するのはリスクが高くなる” の続きを読む

ビットコイン取引所を選ぶ際に大手であることは評価ポイントになる

日本国内だけでもビットコインなどの仮想通貨を取り扱っている取引所は数十社あって、全世界を考えるとかなりの数の取引所があります。
その中でも、日本国内の主要取引所と言えるのが、Zaif(ザイフ)・bitFlyer(ビットフライヤー)・bitbank(ビットバンク)・DMM Bitcoin・GMOコインです。
ビットコインの取引所を選ぶ際には、先に挙げた大手であるというのも、かなりの評価ポイントになります。
そこで、日本国内の大手ビットコイン取引所と海外の大手ビットコイン取引所で、どのような違いがあるのかを比較してみます。
“ビットコイン取引所を選ぶ際に大手であることは評価ポイントになる” の続きを読む

ビットコインの販売所と取引所にはどのような違いがあるのか?

ビットコインなどの仮想通貨を取り扱う場所には、販売所と取引所の2種類があって、それぞれに違いがあるので利用する際に、違いを知っておくことも大切です。
ビットコインの販売所は、その名が示す通りビットコインを売っている所で、購入することができる場所です。
ビットコインの販売所のメリットは、購入する場合にあらかじめ指定された金額で購入することができる点と、取引相手が会社なので安心して確実に購入できる点です。
一方デメリットとしては、取引所よりも価格が高く設定されていることが多いことです。
“ビットコインの販売所と取引所にはどのような違いがあるのか?” の続きを読む